御影【Mikage】/さかなルンバ

大学生ラッパーが自分の思考を開示するブログです。よろしければご覧ください!

本物のリーダーとは

ティーチングすることではなくてコーチングすることだ。

 

結論から言うとリーダー、上司としての役割は何でもかんでも叱責して様々なことを教えて自分のエゴ押し付けるのではなく、ともに解決策を練ったりして次のステップに行けるようにコーチングすることが大事だ。

 

 

僕も最近はリーダーという立場になることが増えていろんな戦略を立てたり皆を引っ張っていく立場になることが圧倒的に増えた。

 

そこで少し、本を読み著名人の力を借りながらどのようにしたら上手く先導できるかを最近はよく考えている。

 

そんな中でコーチングという言葉に出会いそれを実践してみている。

 

とても面白い考えなので皆さんにも共有していこうと思う。

 

もし、自分が上司で部下が全く仕事できなかったら、丁寧に教えてしまう人が多いと思う。

 

もちろん急用の場合など教えてあげなければならない場面も多々あるとは思う。

 

ただいつもいつも叱責や指導ばっかしていては下は全く伸びてこない。

 

モチベーションも上がらないし自分の頭を使わないからそりゃ当たり前だ。

 

そこで重要なのがコーチングなのだ。

 

コーチングとはなんなのか、、、

 

コーチンとは、対象者の自主性を促し、能力や可能性を最大限に引き出しながら、目標達成に向けてモチベーションを高めるコミュニケーション手法

 

これはネットから拾ってきたものだ。

 

この意味をもとにひも解く。

 

f:id:kisaramc:20210912143843j:plain

ティーチングからコーチングへ!

 

具体的にどのようなことをするのかというと、部下が行った行動に対して認めてあげられるところは認めてモチベーションを上げてあげたり、新たな視点を与えてあげて部下に思考を巡らせてあげることだ。

 

スパルタ指導をしていた企業がこのコーチングを少しづつ取り入れたら業績が驚くほど上がったというデータもある。

 

ただただほめてあげるというのがコーチングではないからそこのところは注意しよう。

 

ちゃんと改善するべきところはさりげなく伝えてあげないと意味はない。

 

沈黙というのも非常に効果がある。

 

上にいる人間はある程度能力が高いためにすぐに口をはさんでしまう傾向がある。

 

僕もそうだった。

 

なので、今日は相手の話をちゃんと聞くぞと心に決めて気まずいなどの思いもあったが沈黙を使って相手の意見を引き出そうとした。

 

すると、今までなかったくらいに意見がいろいろ出来てたのだ!

 

このようなケースはよくあることのようだ。

 

上司がしゃべりすぎてて部下が話したいことを全く話せず、それが習慣化してしまう。

 

このようなケースをなくすために沈黙を使うのが非常に有効なのだ。

 

是非皆さんも試してほしい。

 

~まとめ~

 

・部下や下の人間を育てるためには昔ながらのスパルタではなく、コーチングを行い上手くモチベーションをコントロールする。

 

・しゃべりすぎている自分を理解し沈黙を使い、部下の意見を引き出す。

 

・褒める=コーチングではない。

 

・相手のタイプによっていろいろ使い分ける。

 

これらを意識して様々なリーダーを担ってみてほしい。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

今回はここまでとします

 

それではまた